スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今回は試作とレシピについて書かせていただきます^^

ロミアスのレシピは藤野真紀子さんの「語り継ぐお菓子たち」というレシピ本に掲載されています。
以前は公式サイトでもレシピを見ることができましたが、今は残念ながら見られなくなっているようですね。

元々このレシピはパリの製菓学校のレシピだそうで、まさに正統派のお菓子って感じですよね。

270227syou.jpg

レシピ本通りに作ってみると、クッキー生地の部分はサクサクでバターの香りがとっても贅沢。
キャラメル部分もパリパリっともろくて香ばしく、本当に手が止まらない^^;

当然ながら完璧なレシピなので、本当なら私が手を加える必要はまったく無いのですが…
ひとつ困ったことがあり、我が家の場合このレシピだとどうしてもできない工程があるんですよね。

工程の中で、生地をシートに絞った後、天板ごと冷凍庫で冷やす必要があるのですが、
我が家の冷凍庫は縦に長いため、横に長い大きな天板はどうやっても入らないのです。

ちなみに、仕方なく冷やさずそのまま焼くとこうなります^^;

270227yoko.jpg

半数程のクッキーが生地が割れてしまってフィリングが流れ出してしまいます(TT

生地にバターが贅沢に使われているので、多分こうなってしまうのかなと。
美味しいものには手間がかかるということですね。。

そこで、冷やさずに焼いても崩れないロミアスを作ってみようと今回いろいろ試作しました。

270227.jpg

270227 (4)

口金のシャープな模様もしっかりそのままに焼き上がり、自分なりに十分満足なものができました^^

レシピは型にピッタリレシピに掲載しています^^

クックパッドの方も細かいコツなどを写真付きで載せています。
Cpicon ロミアス風キャラメルクッキー by flan*



スポンサーサイト
クッキー・サブレ等 | コメント(0)
料理研究家の藤野真紀子さんが日本に広めたロミアスという名のクッキー。

その可憐なお花のような形状とステキな名前の響きに、初めて見た時は一目惚れ状態でした。
ただこれがなかなか敷居の高いお菓子で。

20150218 (1)

絞り出しに必要なサルタン口金というのがなかなか高価なのです。

ただこういうお菓子作りの道具って、消耗品と違ってずっと使い続けられるので、迷いはしても買ってしまえばもっと早く買っておけばよかった~と思ったりもするものなんですよね。
そういう道具はいくつもありますが、この口金もそのひとつ。
このクッキーは何度も作っているのでサルタン活躍しまくりです!

薄さが美味しいクッキーだと思うので低いタイプで絞っていますが、ちょっと思い立って今回は高いタイプも使って比べてみました。

20120218(5).jpg

見た目の差はこんな感じ。
高い方は厚みがあるぶん食べごたえがでます。

絞りやすさは、個人的には低い方が断然絞りやすかったです。。
高いほうはなかなか生地が切れなくて難しかった^^;
でもこの辺りは生地の違いや好みにもよるのかもしれないですね。

20150218 (4)

クッキー袋に入れた方はJK長女の学校のおやつ用に持たせました。
個包装にするなら7cm幅の袋がピッタリです。


真鍮ダブル口金へそ低を使ったロミアスクッキーのレシピは型にピッタリレシピで掲載しています^^



クッキー・サブレ等 | コメント(0)

苺のショートケーキ

2015/02/18 Wed 17:44

苺が美味しい季節ですね!
苺のお菓子といったらやっぱり作りたくなるのは苺ショート。

最近気に入っているのはスクエア型のイチゴショートです。

20150217 (1)

18cmスクエア型でスポンジを焼いて、5cm角ずつにカットしてます。
このサイズの感じが大き過ぎずにちょうどいいなぁと。

よそ行きなら金トレーを使うとかわいいです。


クリームにも苺チョコを入れて、ほんのりピンクの春仕様にしてみました。

ひなまつり用のケーキにもよさそう!

20150217 (2)

クリームの口金はサルタン口金を使いました。
比較的高価な口金ではあるけど、この形っていちごをのせるのにピッタリじゃないですか?

このくぼみに苺を置くと、スポっとはまる感じがかなり気持ちいいです(笑


ちなみに、この機会にサルタンの高い方と低い方でクリームの絞り比べをしてみたところ、
生クリームを絞るならやっぱり高い方が見栄えもよくきれいに絞れました。

また、サルタンは難しいというイメージがあるけれど、生クリームの絞りに関しては全然難しくなかったです。
端切れの生地で少し練習してから絞ると失敗が無いかも。

こちらの苺のショートケーキのレシピは型にピッタリレシピに掲載しています^^

次の記事ではサルタン繋がりでロミアス風クッキーについて書きたいと思います。



ケーキ | コメント(0)

ボンボンショコラ

2015/02/13 Fri 14:30

明日はバレンタイン!

高校一年の長女も、朝たくさんのチョコをバッグに詰めて学校に持っていきました。
私もせっせと手伝った(というか手伝わせたというか)ボンボンショコラです♪

260213 (1)

去年や一昨年の失敗を経てなんとか今年はいい感じにできました。

260213 (4)

ハートチョコのセンターはキャラメル風味のクリームです。
洋酒を多めに入れたので大人的にはとっても美味しい!
小学一年の次女の口には合わなかったらしく食べてガッカリしてましたが^^;
ちなみに、使った洋酒はカルヴァドス。大好きな香りです!

使用した型はPCチョコレート流型
最近はシリコン製のチョコモールドが種類も多く出回り、実際私もいくつか使用していますが、
テンパリングさえ上手くできるなら、固いプラスチック製のチョコモールドの方が使いやすいと感じます。
しっかり温度調整されたチョコは固まると縮むので、逆さにすればコロンコロンと気持ちよく型から外れます^^

なので、逆にテンパリングに自信が無い場合はシリコン製がおすすめです♪
もし温度調整に失敗してしまっても、チョコを軽く冷やせば簡単に押し出せるのできれいに取り出すことができます^^


もう一種のチョコレートは、生チョコにチョココーティングをして転写シートで模様をつけました。

260213 (2)

生チョコのレシピは浅井商店型にピッタリレシピとろける生チョコ
以前のレシピの応用ですが、とっても美味しくできました^^
こちらは次女も美味し~!と感激していたので子供でも大丈夫のよう。
15cm角セルクルで固めた生チョコを5列ずつ3cm幅にカットして、25個できます。


ラッピングは今回こんな風にしてみました。
リボンは家にあったものを使ってしまったけど、もう少し細いほうが可愛かったかな^^;


260213 (5)

2個セットに55×25×150のガス袋がぴったりでした。
底には55mm幅の厚紙を入れると袋がしっかり安定してチョコが入れやすくなります。

チョコ2個じゃちょっと少ないかな?と長女に聞くと、
もっと食べたい!って思わせるくらいの量がちょうどいいとこと。
なるほど~。



チョコレート菓子 | コメント(0)

ご挨拶

2015/02/13 Fri 14:21

お菓子とパンのブログをひさしぶりに再開することにしました。
以前も少し書いていた時期があるのですが、長く放置してしまったので心機一転新しくしてみます。

お菓子作りは独学のため上達は失敗を重ねながらの遅い歩みですが
そうした失敗の記録なども、どなたかのお役に立てればと。

日々のお菓子やパンの記録を中心に、
今年で6年目になる製菓道具専門店でのレシピスタッフとしての試作話、
また、型や道具についての個人的な感想なども書いていけたら、と考えています。

記事の書き方もすっかり忘れてしまいましたが、これから少しずつ慣れていこうと思います!
どうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶 | コメント(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。